あっという間に子どもが野菜好きに!?『子どもの野菜嫌い』を克服するコツ

味付け

こんにちは!
のぴこです。

突然ですが、あなたは
お子さんの『野菜嫌い』に悩んで
いませんか?

野菜を食べることの利点としては、

・ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養が豊富
代謝や免疫力の低下、便秘などの予防・改善

などがあげられます。

子どものことを思うと、
野菜を食べてもらいたいと
思うのは当然です。

しかしながら、何故か子どもは
野菜を食べようとしません。

この記事を読めば、

・なぜ子どもが野菜を嫌うのか
・どうやったら野菜を食べやすくできるのか

を理解することができます。

改善の糸口を見つければ、
一生懸命作った料理に文句を
言われる回数も減ります
し、

何よりも喜んで食べてくれる
ようにもなります。

確実に、今後あなたが料理する
上で役立ちます。

そういう私自身も、子どもの
“野菜嫌い”には悩まされて
きました。

一生懸命作った料理を
食べてもらえず、文句も言われ
何度も辛い思いをしました。

もしあなたが、私と同じように
子どもの野菜嫌いで悩んでいる
としたら、

子どもの野菜嫌いの特徴を
押さえなければ、

それを改善するのは、とても
難しくなってしまいます。

ですが、今回の内容を理解し、
調理のコツを掴むだけで、

あなたは悩みだらけの状況から
抜け出すことができる
でしょう。

子どもが嫌いな野菜の特徴と食べやすくするコツ

1つ目の特徴として、
子どもは酸味や苦味が苦手
ことが多いのが一般的。

そのため、トマトやピーマン
などを嫌う傾向があります。

これを食べ易くするコツは、
子どもが苦手な味を和らげること。

つまりは、
“子どもが好きな味付け”
すればよいのです。

具体的には、
ケチャップやマヨネーズ、カレーなど
ハッキリした味付け
が好まれます。

また、野菜に火を通すことで
感じられる“甘み”
子どもが好むこともあります。

マヨネーズで和えたり、
野菜をしっかり炒める
などの
工夫がその改善策になります。

2つ目の特徴は、見た目

可愛いもの、キレイなものを
好む傾向がある子どもは、

強い色の緑黄色野菜や
ゴツゴツした見た目のゴーヤ
などを敬遠しがち。

これを食べ易くするコツは、
形や見た目を変えて
可愛くすること。

具体的には、
人参やキュウリを花形など
してみたり、

可愛いピックを刺すなどする
好まれる傾向があります。

また、ナスやキュウリの皮を
剥く
と、受け入れやすく
なります。

3つ目は、食感

シャキシャキや、グニュッと
した特徴的な食感に、子どもは
不快感を感じます。

生野菜やシイタケなどを嫌う
子どもも多くいるのはこのためです。

子どもは、カリッとした食感は
比較的好む
傾向があります。

シイタケ等も混ぜてかき揚げ
してみるのも食べ易さを出す
コツです。

単純に、生野菜のシャキシャキ
が嫌な場合は、温野菜にする

のもいいでしょう。

4つ目の特徴は、独特の青臭さや香り

キュウリやブロッコリーなどの
青臭さ、セロリや大葉のような
独特の香りも野菜を嫌う要因です。

独特の青臭さは、
アク抜きをすることで軽減
させることができます。

水によくさらしてから使用
したり、しっかり火を通す

ことを心掛けてください。

最後の特徴として、硬さなどの
食べにくさがあります。

十分に熱の通っていない
人参やジャガイモなど、

食べにくいものを嫌う傾向が
あります。

これを食べ易くするコツは、
食べやすい大きさに切った
野菜に十分熱を通したり、

繊維質が気にならないように
カットすること
が大切です。

野菜嫌いへの変化球アプローチ

さて、ここまで
子どもが嫌いな野菜の特徴と

食べやすくするコツについて
お話してきました。

とても重要なポイントばかり
ですが、これでももし野菜
嫌いを克服できなかったら…

「どうしたらいいの!?」

ってなりますよね。

そんな時にも試してほしい
更なるコツがあるんです。

まず、見た目に強く反応する
のが子どもですから

“好きな物”と組み合わせて
みるのがコツです。

好きな食材と苦手な野菜を
組み合わせた料理
にする。

・大好きなメニューの中に
苦手な野菜を入れ込む。

また、好きなキャラクターを
活用してみるのも、野菜嫌いを
克服するコツです。

好きなキャラクターの食器
盛り付ける。

・好きなキャラクターを模った
メニュー
にして、その中に混ぜ込む。

雰囲気が野菜嫌いを克服して
くれることがあります。

ホットプレートを使用するなど
みんなでワイワイ食べれる環境で、
苦手な野菜を出してみる。

・準備を手伝ってもらうなど
子どもが楽しい環境を作る。

あとは、絵本などで野菜の勉強
してみるのもコツの1つです。

まとめ

今回は、
「子供の野菜嫌いを克服するコツ」
についてお話ししました。

野菜嫌いを克服することは
大切ですが、そればかりに集中すると、

子どものトラウマになり、
更に野菜が食べられなくなる
こともあります。

まずは、1口でも食べたら
褒めてあげて、

苦手な野菜を楽しく食べられる
ような雰囲気作りが効果的
でしょう。

==============

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

私が料理スキルゼロの状態から
簡単料理を学び、

その過程で得た有益な情報を
公式LINEで定期配信しています。

今の現状を変えたい
と思っているなら⋯

是非、私の公式LINEへ今すぐ
登録してどんどん活用してくださいね♪

↓↓↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました